19

生産地に近い場所で暮らしたくて。

福島県 二本松市 在住 樋口 陽子(ひぐち ようこ)さん

都内でホテルの料理人として勤務後、独立し、18年間フランス料理店を経営する。
からだに優しい料理を提供するなかで無農薬栽培に関心を持ち、地域ぐるみで有機農業を行う二本松市東和地区に移住を決意。
2017年3月から地域おこし協力隊員として『道の駅ふくしま東和』に勤務し、調理やメニュー開発、企画を担当している。

からだに優しい農作物を身近で感じたい

「からだに良い料理を作るために、厳しい基準で作られた安全な農作物を使いたかったんです」。
都内でオーガニックフレンチの店を18年間経営していた樋口陽子さんは、薬膳料理などを取り入れた安全・安心な料理を提供することを心がけてきました。環境やエネルギーに深い関心を持っていたこともあり、東日本大震災後には復興に役立ちたいとボランティアで福島県内を何度も訪れます。
「ボランティアで訪れた地域の中で、約40年前から有機農業や環境に負荷をかけない農業を実践している人たちがいる二本松市東和地区に親しみを持ちました。長年移住者を受け入れてきたこともあり、考え方も柔軟な人が多いと思ったんです」。
樋口さんは地域のNPO法人ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会のメンバーに誘われて、東和地区で料理教室を開催。都内から通い続けることに。
その後、都内の店をたたみ、2017年3月に東和地区に移住します。母親が住む都内から車で3~4時間以内で行ける場所にあることも決め手に。
地域おこし協力隊員となり生活をスタートさせた樋口さんは、『道の駅ふくしま東和』で自身のキャリアをいかした調理やメニュー開発、桑などの地域の特産品を使った加工品の商品企画、都内でのPRなどを担当しています。
樋口さんが移住するにあたっては、地域の窓口になっている方がいろいろと相談に乗ってくれました。
「移住者のために空き家を紹介していて、住まいはすぐに決まりました。今住んでいるのは、街中の一軒家で、日当たりがいいんです」。
樋口さんは床の修繕に合わせて掘りごたつを作り冬を迎えました。軒先で干し柿をつるし、庭ではハーブづくりにも挑戦。新しい暮らしのなかで田舎ならではの楽しみを日々発見しています。
「春には、家から10分ぐらいで、県内の桜の名所『中島の地蔵桜』を見に行くことができるんですよ」。

樋口さんの仕事場での一コマ

やりたいことはどんどん話して

都内にいるときから自分で味噌や梅干しを作っていたという樋口さん。移住してからは、より本格的に。
「東和の人たちは、大きな大豆蒸し器がある住民センターに集まって毎年冬に味噌を作ります。夏には自分たちで梅を収穫して梅干を漬けました。日本みつばちの養蜂にも挑戦しています」。
季節ごとに巡る地域の風習に好奇心いっぱいに参加する樋口さんには知り合いもたくさんできました。
「方言や風習など、わからないことは初めから何でも聞いていました。みなさん、とても親切に教えてくれるのでありがたいです」。
都内では車の運転に慣れていた樋口さんでも、冬の凍結したあぜ道で脱輪させてしまったことがあったそうです。「地域の人たちが車を引き上げるのを助けてくれました。重機を出してくれた方へのお礼の仕方も具体的に教えてくれて。それでお酒を持っていったら、かえってたくさんのリンゴをいただいちゃって(笑)」。
地域おこし協力隊の任期は最長3年間。樋口さんは、任期終了後、二本松市内で料理店を開くことを目標にしています。
「今後は、オーガニックの生産者たちとの連携を深めていきたいですね」。
休日も農家の収穫を手伝ったり、勉強会に出たりと、多忙な日々を送っている樋口さん。二本松市の地域活性化の活動『二本松ざくざく会議』のメンバーにも加わりました。
樋口さんは、まるで昔からの知り合いのように地域の人と交流を深めていきます。
「移住者が地域に溶け込めるように、地域の人はいろいろと心配してくれます。なので、自分のやりたいことがあれば、どんどん周りの人に話したほうがいいですよ。何も話さないと、地域の人たちも手を差し伸べたくてもできないんです」。

自ら仕込んだ梅干し

━━取材を終えて
二本松市は、福島市と郡山市の中間にあり、戊辰戦争の舞台となった城下町として知られています。樋口さんが暮らす東和地区は、市の東部の阿武隈山系に接し、養蚕が盛んで、山菜やキノコの収穫など里山の暮らしが続いてきました。地域の祭りや文化を引き継ぎ、独自性を大切にしている町です。地域おこし協力隊は、樋口さんのように様々なキャリアを生かすことができる職種もあります。『ふくしまで働く-地域の担い手-』のサイトに、都内での説明会や募集情報が掲載されていますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

ふくしま移住応援WEBマガジン
エフステ!

福島県地域振興課(定住・二地域居住担当)
福島県福島市杉妻町2-16
Tel:024-521-8023 Fax:024-521-7912

サイトマップ 個人情報保護方針について

各市町の情報・移住体験談など
福島県移住ポータルサイト―ふくしまぐらし。―

© 2019 Fukushima stage. All Rights Reserved.