EVENT REPORT

ふくしまワークセッションVol.4 開催レポート

イベントレポート

4回連続で開催した仕事をテーマにした交流イベント「ふくしまワークセッション」
その最終回となるVol.4「食とデザイン~地域とヒトを結ぶ新しいカタチ~」を
2019年1月18日(金)に開催しました。

今回の会場は、東京都千代田区の「アーツ千代田3331」
廃校となった校舎を利活用した大きな窓と広々とした開放的なスペースが特徴です。

▼会場全体

本日の司会兼ファシリテーターは、福島県東京事務所の渡部移住推進員が担当。

▼渡部さん(向かって左) セミナー前にゲストと打合せ中

まずは恒例のアイスブレイクから。
ふくしまにちなんだ「ふくしま移住クイズ」でイベントスタートです!

続いては、ゲストのご紹介
右:ナガミネ エリ さん(二本松市出身)
ヘルベチカデザイン株式会社
多摩美術大学卒業後、大学で学んだ知識や経験を、
地元の発展のために貢献できればと思い、郡山市のデザイン
事務所ヘルベチカデザイン株式会社に入社。
現在は、デザイナーとしてグラフィックを中心に手がけて
いらっしゃいます。

左:荻野 夢紘 さん(郡山市出身)
OBROS COFFEE
2016年に弟と共にOBROS COFFEEを立ち上げる。
フレッシュで果実感のある「スペシャルティコーヒー」を提供。
コーヒーの国際資格であるSCA バリスタパスウェイLevel1取得。
現在は郡山市内に2店舗を展開し、県内外のイベントなどにも
参加していらっしゃるそうです。

真ん中:ミズノ エリカ さん(白河市出身)
meshibito
県外のカフェ/ゲストハウス/レストラン勤務を経て
2018年に福島にUターンしフリーランスに。
食について追求していく中で次は自分で食でヒト、モノ、コトを
表現し繋げたいと思い独立。あらゆる視点から食を表現するフード
ディレクターとして福島を中心に活動中です。

ゲスト紹介のあとは、3名にいくつかの質問に○×で回答していただき、
それぞれを深堀していく形でトークセッションを行いました。

▼ゲストの本音が聞けた○×クイズ

 

ゲストの方にお話をうかがう中で感じられたのは、
自分がやりたい事ができる環境や出会いを大切に、
強い信念をもって仕事をされているという共通点。
これからチャレンジしたいこともあるようで、今後の活躍も楽しみです。

▼トークセッション中の参加者

だんだんと緊張もほぐれ、会場の雰囲気もいい感じに♪

トークセッションのあとは、参加者は3つのテーブルに分かれて
10分おきにゲスト3名がそれぞれのテーブルを回る
グループトークを行いました。

荻野さんにお持ち頂いたコーヒーも飲みながら、
リラックスした雰囲気でのグループトークとなりました。

▼コーヒーのいい香りに癒されました♡

そして、お待ちかねの「交流会」のはじまりです。

乾杯は、福島県東京事務所の矢野主任より

▼ふくしま自慢の銘酒で乾杯

「新東北みやげコンテスト」で優秀賞を受賞された
大島屋蒟蒻店さんのさしみ蒟蒻は、ミズノさんに調達・調理いただきました。
また、ナガミネさんがデザインされた「福の小みやげ」シリーズから
いくつかの商品も用意してスタート。

お酒は、郡山市にある仁井田本家さんの「しぜんしゅ」と、
白河市にある有賀醸造さんの「陣屋」。

ふくしま自慢の県産品を味わいながら、交流を楽しんでいただきました。

▼ゲスト、参加者、みんなでワイワイ

 

 

楽しい時間はあっという間、
中締めは、福島県地域振興課の藤本主査より

▼アーツ千代田にあやかって3331拍子♪

最後にゲストと参加者、スタッフによる集合写真です!

いかがでしたでしょうか。

ふくしまを一度離れたからこそ見えたこと、気づいたことをいかして
こんな素敵な20代が活躍しているふくしま、ぜひ一度おこしください。

エフステTOPへ
https://fukushima-stage.jp/

TOPへ