福島ふるさと暮らし案内人

高橋金助

県北地域

高野 金助

【伊達市】

都市との交流施設「りょうぜん里山がっこう」を開設し、農村と都市との交流事業に取組んでいる。
これまで、新規就農希望者への支援を中心に10世帯の移住のサポートをしている。

橋本 隆秀

県北地域

橋本 隆秀

【川俣町】

1999年から移住希望者の専門窓口担当者として、地域とのパイプ役を務める。これまで、36世帯、70名の移住実現の支援を行っている。移住する方、地域住民、双方が良かったと思える縁結びを心掛けている。

大野 達弘

県北地域

大野 達弘

【二本松市】

新規就農を希望するIターン者の支援をする。これまで6世帯のお世話をする。定住された方の中には、農水省キャリアや世界的に著名な企業に勤務されていた方もいる。 支援の際には、NPO法人構成員の協力を得ながら移住者が地域に溶け込むための橋渡しを行っている。

武藤 一夫

県北地域

武藤 一夫

【二本松市】

田舎暮らしの体験や定住を希望する方の支援などに対する新規就農者支援を行っている。定住・二地域居住の各イベント、企画・運営に携わり来場者の相談に対応するなど、積極的な活動を行っている。

蓬田 守

県中地域

蓬田 守

【小野町】

2004年に設立された「小野町ふるさと暮らし支援センター」の中心的人物として、移住希望者と地域との橋渡し役を担う。これまで10世帯(センター設立前も含めると40世帯)の移住を支援。住宅紹介や移住した後のフォローなど、商工会会員の力を結集した、商工会ならではの取組みを行う。 また、田舎暮らし体験ツアー、ふるさと暮らしセミナーなど、活発なPR活動も行う。

幡谷 壮太

県中地域

幡谷 壮太

【天栄村】

いわき市出身。元オートバイレーサー。15年前に天栄村にJターンし、農業に従事、新規就農を希望する3世帯の移住を実現させた。 現在、既に移住された方による、移住者の支援組織「移住者ネットワークふくしま」副会長を務めるとともに、農家民宿を舞台としたふるさと暮らし体験なども計画している。

義元 みか

県中地域

義元 みか

【天栄村】

第15期「緑のふるさと協力隊」隊員として天栄村に派遣。農山村体験ツアーなどを企画し、首都圏と天栄村の交流に取り組む。

緑川 和芳

県中地域

緑川 和芳

【小野町】

「小野町ふるさと暮らし支援センター」理事長。 自らも千葉県出身の移住者。移住希望者の相談や移住後の生活のフォローを随時行っている。

会田 明生

県中地域

会田 明生

【小野町】

「小野町ふるさと暮らし支援センター」副理事長。 行政や森林組合での経験を生かし、移住希望者の相談や移住後の生活のフォローを随時行っている。

小川 光

会津地域

小川 光

【喜多方市】

1997年より、空家を活用し農業研修生を受け入れる。 これまで、70世帯130名が新規就農する支援をした。

金澤 秀光

会津地域

金澤 秀光

【会津坂下町】

月の半分以上を会津坂下町で過ごし、有機農業を手伝いながら地域の拠点である「里山のアトリエ坂本分校」の副校長として、幅広く地域の活性化に取り組んでいる。 都会と地域を結ぶパイプ役として活躍している。

青木 芳尚

いわき地域

青木 芳尚

【いわき市】

「IWAKIふるさと誘致センター」川前地区のコンシェルジェとして活動。 このほか、川前地区の地場産品PRや都市との交流事業を行う地域づくり団体(川前屋)の運営委員として活躍。

蛭田 一

いわき地域

蛭田 一

【いわき市】

「貝泊コイコイ倶楽部」事務局長。 いわき市田人地区への移住希望者の誘導や移住後のケアに携わる。

ふるさと暮らし案内人へのコンタクトを希望する方は、 お問い合わせフォームから事務局までご連絡をお願いします。